奥野八十八の建築と意見

okuno88.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2016年 01月 21日

豊中・西緑丘の家

昨年竣工いたしました豊中の西緑丘の家の竣工写真ができあがりました。
撮影は母倉知樹氏。

まずは外観。

e0317421_16401568.jpg


e0317421_16405371.jpg


e0317421_1641357.jpg


それほど広くない敷地でしたが、屋根付きの駐輪スペースを兼ねた表の塀と門、
中庭を囲む板塀、バルコニーを構成する格子といった要素を重ねていくことで、
道路側からすこしずつプライベートな空間へ移行していく構成としています。

アプローチと中庭。
スペースを有効に使うため、中庭と玄関ポーチを一体化しました。
門をくぐってクランクして進む動線にすることで外から直接中が覗きこまれなくなるので、
こういった構成が可能になっています。

e0317421_16442164.jpg


e0317421_16473397.jpg


玄関。
玄関から和室に直接入れるようになっています。

e0317421_16474566.jpg


中庭に面するLDK。
すのこ状の「半吹抜け」を通じて、2階の気配が伝わってきます。
2階に設けた大きな窓からの光を1階の奥の方まで届くようにしたい、ということもあります。

e0317421_16482720.jpg


e0317421_16483726.jpg


和室。
シンプルですが、気持ちの良い小間になったと思います。

e0317421_16505814.jpg


2階のホール。
動線の中心であると同時に、半分吹抜けでもあり、大容量の収納スペースでもある、
多義的な場所です。
小さな家型の収納は天井から吊り下げています。

e0317421_16515119.jpg


e0317421_1652625.jpg


e0317421_16542921.jpg


寝室。
屋根の形なりの勾配天井にしました。

e0317421_16544055.jpg


子ども部屋。
将来2室に仕切れるようになっています。

e0317421_16552431.jpg


夕景。
角地の不整形な敷地にどういうふうに建つのがいいのか、設計時に検討を重ねた結果、
この形にたどり着きました。
いわゆる「裏」にできるところが少ない中で、あまり閉鎖的になりすぎず、
同時にプライバシーもしっかりと守ることができているのではないかと思っています。

e0317421_16564468.jpg

[PR]

by okuno88 | 2016-01-21 17:04 | お知らせ | Comments(0)
2016年 01月 04日

あけましておめでとうございます

e0317421_847361.jpg


皆さま、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年は昨日「描き初め」をして、
年末から頭の中でふわふわと考えていた醍醐の某案件を形にしてみるところから仕事をスタートしました。

昨年から続いている現場が山場を迎えていたり、
兵庫の住宅の実施設計をまとめきる段階がきていたり、
昨年中に見積もりに出した町家改修案件の見積もりが出てきたりと、
正月ボケをしているヒマはなさそうです。
[PR]

by okuno88 | 2016-01-04 08:59 | お知らせ | Comments(0)