奥野八十八の建築と意見

okuno88.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 23日

ウェブサイトの更新

ずーっと放ってあったウェブサイトをようやく更新しました。
実際に取りかかったら、それほど時間がかかるわけでもなかったんですが、
どうにも億劫で。

実はまだ向こうのサイトからこっちのブログへのリンクがうまくいってないのですが、
中身は見れるようになりました。

お時間があれば、どうぞ。

www.atelier-bricolage.net/
[PR]

by okuno88 | 2014-05-23 10:40 | お知らせ | Comments(0)
2014年 05月 21日

造園の続き

少し前になりますが、先週末「鶴見の家Ⅱ」の造園工事の続きがあり、立ち会いに行ってきました。
ちょっと前まで現場に通い詰めていたので、少し間があくと、ずいぶんご無沙汰な気がしてきます。

で、何をしていたかというと、、、。

e0317421_22194976.jpg


まずは2階テラス。
水盤に玉石を敷き詰めました。
これでテラスの造園は一応完了。

e0317421_2221486.jpg


そして、中庭の植木の足下に杉苔の敷込み。
クライアントのご希望で。

e0317421_22224580.jpg


表側は主に写真向かって左手の「鶴見の家Ⅰ」の前庭の手入れ。
やや鬱蒼としかけていたので、ある程度間引いたり、移植したりしました。
こざっぱりとして、良くなったと思います。

e0317421_2226948.jpg


外観。
塀もできて、やっとそれらしい感じになったかな。

e0317421_22265047.jpg


道路側の正面にはロドレイアという木を植えました。
クライアントと一緒に造園畑に行って選んだのですが、この木を植えるのは初めてです。
シャクナゲモドキという通称もあるみたい。
常緑樹の中ではさらっとした立ち姿で、またどこかで使ってみようと思っています。
[PR]

by okuno88 | 2014-05-21 22:15 | 現場メモ | Comments(0)
2014年 05月 17日

現地調査

新しいプロジェクトのご相談をいただいたので、早速現地調査へ行ってきました。

e0317421_22372188.jpg


八坂の塔のすぐそば。
ザ・観光地、という感じですね。

この場所にこれからダイニングカフェを計画します。
いろいろとアイデアは出てきますが、それを描き始めるのをぐっと我慢して、
まずは実測調査を元に正確な現況図を起こすところから、、、。
[PR]

by okuno88 | 2014-05-17 20:00 | ただいま設計中 | Comments(0)
2014年 05月 15日

布のかばん

今日は雨ですね。
今週はずっと雨という予報でしたが、案外降らないなあと思っていたところです。
おかげで造園工事の日取りが二転三転。

ちょっと前に友人の後藤くんから素敵な鞄が届きました。
彼が立ち上げたプロダクトブランド「difott」の新しいデザインの鞄です。
後藤くんとは大学のゼミの同期で、その多方面に渡る活躍ぶりにいつも刺激をうけています。

e0317421_15324661.jpg


二つ折りにしたときのプロポーションが普通の鞄よりもやや横長なのが特徴的で、
ちょうど黄金比になっているようです。
タグにもしっかりその由来が記されています。

この鞄を見て、かつてゼミのみんなで主にプロポーションの観点から建築の形態分析の真似事をしていたことを思い出しました。
当時から素材やプロポーションに関する後藤くんの関心には並々ならぬものがありましたが、
その探求がこんな形で実を結ぶことになろうとは。
なんというか、「考え続けなさいよ」と肩を叩かれた気分。

ちなみにこれ、岳父からの誕生日プレゼントでもあります(笑)。
感謝!
[PR]

by okuno88 | 2014-05-15 15:41 | 日々の出来事 | Comments(0)
2014年 05月 14日

「花園の家」竣工写真

先月撮影をさせていただいた「花園の家」の竣工写真が写真家から届きました。
撮影はいつもの通り、母倉知樹さん。

落ち着いた雰囲気をうまく撮ってもらっていると思います。
さすがプロですね。

まずは外観。
形はほぼ元のままですが、仕上げを変えているので印象はずいぶん変わりました。
e0317421_17443476.jpg

e0317421_17444832.jpg


前にも載っけましたが、前はこんな感じでした。
e0317421_17483880.jpg


アプローチ。
敷地に高低差があるので、土留めと補強を兼ねてコンクリートの壁を新たに挿入しました。
e0317421_17445927.jpg

e0317421_17451143.jpg


玄関。
式台のトチの板は元々の玄関にあったものを削り直して使っています。
下足箱の天板に使っているケヤキの板は工務店さんが提供してくれました。
感謝!
e0317421_17502281.jpg


食堂と台所。
もともとはここが玄関でしたが、日当りが良かったので居室に変更しました。
e0317421_17534696.jpg

台所側からの見返し。
e0317421_17551536.jpg

隣の和室側から見るとこんな感じ。
e0317421_17555533.jpg


続いて和室。
腰窓側は下屋の加減で高さを確保しきれなかったので、網代の下がり天井としました。
落ち着きがでて良かったと思っています。
e0317421_17561335.jpg

e0317421_17562471.jpg


1階の個室。
たたみベッドみたいなものを設えてみました。
e0317421_17591281.jpg


2階の子供部屋。
がらっと雰囲気を変えて、明るく。
ロフトも付けて楽しい部屋にしてみたのですが、掃除の折にロフトから見下ろす景色が好きなんですとおばあちゃんから聞かされ、驚きました。
そういう意外性はとてもうれしいです。
e0317421_180822.jpg


同じく2階の寝室。
単に天井を破って高くするだけでは間が抜けるので、周囲に低い部分を残して落ち着きを持たせています。
e0317421_1842629.jpg


こんな感じです。
お世話になったクライアントの皆様、施工の竹内工務店さん、職人の皆さん、ありがとうございました。

で、目下久しぶりのウェブ更新作業に取りかかっています(笑)
去年は放ったらかしだったので、もういい加減更新せねば、、、。
更新できたら、またお知らせいたします。
[PR]

by okuno88 | 2014-05-14 18:10 | お知らせ | Comments(0)
2014年 05月 05日

連ドラ

このところNHKでやっている連ドラ、「ロング・グッドバイ」を見ています。
あの原作の雰囲気を、舞台を日本に置き換えてどういう感じで見せるのかなあと思って見始めたのですが、これがなかなか気合いの入った作りで結構引き込まれてしまいます。

先日の放送で、作中の大事なシーンの舞台となる邸宅があったのですが、このロケ地がフランク・ロイド・ライトの「山邑邸」であることにはすぐに気がつきました。

e0317421_18142140.jpg

↑山邑邸(現ヨドコウ迎賓館)

そのときは、なるほど雰囲気でてるなあ、と漫然と思いながらぼーっと見ていただけなのですが、山邑邸が撮影の舞台に選ばれたことにはその雰囲気だけではなく、それなりに意味があったのではということに後になってようやく気がつきました。

この「ロング・グッドバイ」、あ、なんとなく「長いお別れ」の方が個人的にはしっくりくるように思いますがそれはさておき。
山邑邸が建設されたのと同時期の1920年代中頃から1930年代にかけて、ライトは原作の舞台となるロサンゼルスの郊外にいくつかの邸宅を設計しています。それらの住宅は山邑邸と同じくテキスタイルブロックと呼ばれる独特の意匠のブロックで作られていて、外観のイメージは山邑邸とかなり近いものです。

たとえばこんなのとか。
e0317421_18152832.jpg


探偵マーロウが訪ね歩いたロス郊外の住宅のどれかがそんなライトの住宅だったのかどうか、そんなことはどこにも描かれていませんが、日本に舞台を移すにあたって山邑邸をロケ地に選んだというところに、製作側のこだわりの一旦を見たような気がしました。

学生時代に旅行に行って、いい加減な地図を頼りにレンタカーでロサンゼルス郊外の高級住宅地をうろつき回ったことなんかを久しぶりに思い出しました。
そういえば、せっかくアメリカに来たんだからアメ車に乗ってみたいと思っていたのに、ぶっきらぼうなレンタカー屋の兄ちゃんは頼んでもいないのにミツビシを廻してくれたのでした。
泊まっていたユースの駐車場で車上荒らしに遭ったのも、今となっては良い思い出、、、
なわけはない。
トラブルは無いに越したことはないですね。

えー、話が逸れましたが、元々たいした話でもなかったですね。
次回放送、楽しみです(笑)。
[PR]

by okuno88 | 2014-05-05 18:17 | 思いつき | Comments(0)
2014年 05月 02日

スタディ模型

今日は平日なのですが、街中もなんとなーく休日のような気配が漂ってましたね。
それにつられて、ついついこちらもゆるい気持ちになってしまいました。

朝からのんびり工作。
作りかけで中断していた「豊中の家」のスタディ模型が一応完成。

e0317421_2216450.jpg


周囲の建物との関係を見計らいつつ、角地の良さをどうやって建物に取り込もうかと考えているところです。
[PR]

by okuno88 | 2014-05-02 22:20 | ただいま設計中 | Comments(0)