奥野八十八の建築と意見

okuno88.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お知らせ( 22 )


2017年 12月 18日

竣工@学林町の町家②

前回の続き。
「学林町の町家」の2階です。
2階は道路側と奥の2部屋しかなくて、中央は吹き抜けになっています。

e0317421_13165355.jpg
奥の洋室。
家具、什器が入っていませんが、フロアスタンドでもう少し明るくする予定です。
といっても、ベッドルームなのでほんのり明るい、くらいの感じですが。

e0317421_13165326.jpg
同じく洋室。
e0317421_13165487.jpg
室内に新たに設けた小窓を開けると、火袋の吹き抜けを眺めることができます。
e0317421_13165431.jpg
内覧に来てくださった方々にはわりと好評でした。

e0317421_13165346.jpg
2階中央の廊下。
スノコ状になってます。

e0317421_13165558.jpg
吹き抜け。
ちょうど合う寸法のペンダントライトの既成品が見つからなかったので、「千」さんにお願いして真鍮で作ってもらいました。

e0317421_13165478.jpg
正面の襖は旧本宅である隣家から移設。
絹貼りの上に描かれた一品モノ。
動く日本画、という感じですね。

e0317421_13165523.jpg
2階道路側の和室。
単なる壁にして塞いでしまうのが惜しい土壁の景色だったので、FIXガラスにして見せることにしました。
ガラスが反射して写真にうまく写ってなかったのが残念笑。

という感じです。
町家の改修は、構造補強も含めた綿密な計画と、現場の状況に合わせて即興的に考える造作のバランスを大事にしたいと考えています。

工事をお願いした原田工務店さんも本当によくやってくださいました。
ベテランの大工、衣川さんとはまたどこかの現場でご一緒したいなあ。


[PR]

by okuno88 | 2017-12-18 13:30 | お知らせ
2017年 12月 18日

竣工@学林町の町家①

すっかりサボりっぱなしになってしまってましたが、久しぶりに更新します。

先だって「学林町の町家」が無事竣工し、引き渡しをさせてもらいました。
計画がスタートして約2年半。
この町家は年明けから1棟貸しの旅館として使用され、10年後に所有者の手元に返り、再び住まいとして使われる予定です。
目下、旅館業の営業許可申請中。

ではまず1階から。

e0317421_12570774.jpg
外観はこんな感じです。
改修前の写真はまた今度。

e0317421_12570575.jpg
玄関土間。
元の「店の間」は四畳半あったのですが、それを三畳にして土間を広げました。
床の間に飾られている鬼瓦は、元々この町家の隣になっていた仏具店の鬼瓦。
立派。

e0317421_12570516.jpg
「店の間」「中の間」「奥の間」と3室続きで、一番奥に小さな庭があります。
琵琶床の天板は隣家にあったお茶室から移設しました。

e0317421_12570535.jpg
中の間。
箱階段も今回新たに設置しました。

e0317421_12570637.jpg
中の間のキッチン奥に水廻りを設けています。
水廻りだけ、ガラッと雰囲気を変えてみました。
e0317421_12570683.jpg
モノトーン。
上部に設けた明かり取りごしに、火袋の吹き抜け上部からの自然光がぼんやりと入ってきます。

e0317421_12570691.jpg
火袋上部に掛けた旧仏具店の看板。
ケヤキでできています。
ざっと重量を計算してみたところ、約200kgくらいはありそうです。
職人さん5人がかりで設置してもらいました。

e0317421_12570436.jpg
奥の間。
改修前は簡素な置床が置いてあるだけで、きちんとした床の間がなかったので、新たにしつらえました。
テレビも一応置く予定ですが、襖で隠してしまいます。
床前の板の間はケヤキで、隣家解体時に取り置きしたものを削り直して使っています。
庭はいつもお願いしている庭師の高橋さんに作ってもらいました。

ブログの仕様が知らないうちに変わっていて、写真が10枚までしか入れられないので、2階は次の投稿にて。
(たぶん、なにかうまくやれば10枚以上でも入るんやろなあ、、。)





[PR]

by okuno88 | 2017-12-18 13:16 | お知らせ
2016年 09月 29日

ウェブ更新しました

ウェブの更新をしました。

と言っても、テキストを追加しただけですが、、。

ここ一ヶ月くらいずっと考えながらも書きあぐねていた「出雲路の家」の設計主旨がようやく書けたので、
ひとまずアップしてみることにした次第。
しばらくしたら、また変えるかもしれません(笑)。

元々、文章を書くのがあまり得意ではない上に、
アタマの中が整理されていないので(根っこは同じ問題のような気が、、)設計主旨を書くのは毎度毎度時間が掛かります。
単なる説明文ではあるのですが、設計中に考えていた色んな事をあらためて振り返りながら(思い出しながら)、
どのようにそれを整理するべきか、どういう順番で書くと伝わりやすいのか、書いては消しての繰り返し。

ブログを書き始めたのも、実は文章を書くトレーニングのつもりでした。
じゃあもうちょっとちゃんと書けよ、というツッコミはスルーということで!



[PR]

by okuno88 | 2016-09-29 18:15 | お知らせ
2016年 08月 23日

「嵯峨の家Ⅱ」竣工写真

「嵯峨の家Ⅱ」の竣工写真ができあがったのでご紹介を。
撮影は母倉知樹氏。

竣工したのは1年以上前、当初は昨年の秋に紅葉したところを撮らせてもらうつもりが、
天気と関係者のスケジュールがうまく合う日がなく、結局この春に撮らせてもらいました。

e0317421_14255424.jpg


内観。
「嵯峨の家Ⅱ」では、庭に面した1室の改修と庭の全面的な造り替えをしました。
かつて和室だったこの部屋は居間に変更。

e0317421_14273622.jpg


建具廻り詳細。
木製ガラス戸が2枚+ガラス戸と同サイズのFIX部分で開口部を構成しました。
木製網戸も戸袋に納めてあります。

e0317421_14284845.jpg


縁側。
庇も新たに設けました。

e0317421_14291282.jpg


庭の全景。
建物に近いところは石庭、奥の方を苔庭にしています。
手前に写っている手水鉢はお施主さんのご実家の庭に眠っていたものを移設しました。
庭師の高橋さんのアイデアで、石の芯を繰り抜いて下から管を入れて、
水が湧き出すように改造しました。

お施主さんが丁寧に庭の世話をしてくださっているので、いつお邪魔してもとても綺麗で驚きます。
手入れをしてくださっているというのは気に入ってもらっている証拠だと勝手に解釈しているのですが、
さてどうでしょうか(笑)。
[PR]

by okuno88 | 2016-08-23 14:35 | お知らせ
2016年 08月 18日

事務所を移転いたしました

【お知らせ】

事務所を移転いたしました。
新事務所は下記の通りです。

〒603-8165
京都府京都市北区紫野西御所田町16-2-403
電話:075-411-4518(←移転に伴い変更になりました)
メールアドレスは変わりません。

しばらくゴタゴタしていると思いますが、どうぞよろしくお願いします。

7/26〜8/11までヨーロッパに建築を見に行ってきて、帰国後すぐに引っ越し準備。
15日に引っ越しをして、16,17日の2日間でどうにか荷物を片付け、今日からようやく再始動です。
丸3週間もお休みをいただいたことになりますね、、。
充電も完了したので、頑張ります!

ヨーロッパの写真はまだ整理が手付かずで、追々アップしたいと思います。
渡航直前に届いた「嵯峨の家Ⅱ」「出雲路の家」の竣工写真もあるんだった、、、。
事務所のウェブも含め、更新することがいっぱいですね、こりゃ。
[PR]

by okuno88 | 2016-08-18 16:34 | お知らせ
2016年 07月 22日

臨時休業のお知らせ

【臨時休業のお知らせ】

7月26日〜8月11日まで、勝手ながら臨時休業をさせていただき、スイス・オーストリアに建築視察に行ってまいります。

渡航中、電話は通じませんがメールは確認できると思います。
お急ぎのご用件は今まで通りメールをいただきましたら、2,3日中にはご返信いたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願いいたします!
[PR]

by okuno88 | 2016-07-22 08:26 | お知らせ
2016年 04月 21日

出雲路の家、その2

出雲路の家、内部のご紹介。

玄関。
庭への抜け感を大事にしています。

e0317421_11162696.jpg


玄関ホールを横からみたところ。
突き当りの格子戸の向こうがダイニングです。

e0317421_11184187.jpg


扉を開けるとこんな感じ。
ここでも奥の庭へと視線が抜けていきます。

e0317421_11193450.jpg


キッチンからダイニングと庭の見返し。

e0317421_1121169.jpg


ダイニングからリビングへ続く廊下。
ギャラリーのようなつもりで設計しました。
突き当りの低い窓の向こうにも小さな庭があります。

e0317421_1124656.jpg


リビング。

e0317421_1125916.jpg


家具が入って、ぐっと良くなりました。
テレビ台はオリジナルのデザインです。

どの部分も内部と庭との関係や家具も含めたインテリアのコーディネートまで、
お施主さんと細部に至るまで相談させてもらいながら、ひとつずつ決めていきました。
その過程でお施主さんから教えていただくことも多々あり、僕自身もすごく勉強になりました。
[PR]

by okuno88 | 2016-04-21 11:33 | お知らせ
2016年 04月 16日

出雲路の家、竣工しました

ようやく更新。
特に年度末とか新年度とかとは関わりがないのですが、このところなんとなく気忙しい感じでした。
さて、昨年6月くらいから現場監理をしておりました出雲路の家が無事竣工いたしました。

ひとまず僕のスナップでご紹介を。
まずは外観から。

e0317421_1058225.jpg


e0317421_10582563.jpg


かなり意識的にボリュームを分節していて、分棟に近いです。
屋根の掛け方は慎重に検討したつもりです。
格子のコールテン鋼はサビ待ち(笑)。

e0317421_1101418.jpg


手前の平屋部分が居間です。

e0317421_1105166.jpg


ガレージ前はピンコロ石を敷き詰めて、前の坂道の勾配とガレージの出入り口との関係を調整。

e0317421_1121992.jpg


アプローチ。
家の中心に、ズドン、と入る感じです。

e0317421_113651.jpg


夕景。
庭にも想定より高い木がたくさん入って、建築のスケール感に負けてません。

協働していただいた方々は下記の皆さんです。

・構造設計:エス・キューブ・アソシエイツ
・設備設計:シカタ綜合設備事務所
・照明デザイン:アカリ・アンド・デザイン
・造園:荻野寿也景観設計
・施工:野口建設/野口工営住宅
[PR]

by okuno88 | 2016-04-16 11:12 | お知らせ
2016年 01月 21日

豊中・西緑丘の家

昨年竣工いたしました豊中の西緑丘の家の竣工写真ができあがりました。
撮影は母倉知樹氏。

まずは外観。

e0317421_16401568.jpg


e0317421_16405371.jpg


e0317421_1641357.jpg


それほど広くない敷地でしたが、屋根付きの駐輪スペースを兼ねた表の塀と門、
中庭を囲む板塀、バルコニーを構成する格子といった要素を重ねていくことで、
道路側からすこしずつプライベートな空間へ移行していく構成としています。

アプローチと中庭。
スペースを有効に使うため、中庭と玄関ポーチを一体化しました。
門をくぐってクランクして進む動線にすることで外から直接中が覗きこまれなくなるので、
こういった構成が可能になっています。

e0317421_16442164.jpg


e0317421_16473397.jpg


玄関。
玄関から和室に直接入れるようになっています。

e0317421_16474566.jpg


中庭に面するLDK。
すのこ状の「半吹抜け」を通じて、2階の気配が伝わってきます。
2階に設けた大きな窓からの光を1階の奥の方まで届くようにしたい、ということもあります。

e0317421_16482720.jpg


e0317421_16483726.jpg


和室。
シンプルですが、気持ちの良い小間になったと思います。

e0317421_16505814.jpg


2階のホール。
動線の中心であると同時に、半分吹抜けでもあり、大容量の収納スペースでもある、
多義的な場所です。
小さな家型の収納は天井から吊り下げています。

e0317421_16515119.jpg


e0317421_1652625.jpg


e0317421_16542921.jpg


寝室。
屋根の形なりの勾配天井にしました。

e0317421_16544055.jpg


子ども部屋。
将来2室に仕切れるようになっています。

e0317421_16552431.jpg


夕景。
角地の不整形な敷地にどういうふうに建つのがいいのか、設計時に検討を重ねた結果、
この形にたどり着きました。
いわゆる「裏」にできるところが少ない中で、あまり閉鎖的になりすぎず、
同時にプライバシーもしっかりと守ることができているのではないかと思っています。

e0317421_16564468.jpg

[PR]

by okuno88 | 2016-01-21 17:04 | お知らせ
2016年 01月 04日

あけましておめでとうございます

e0317421_847361.jpg


皆さま、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年は昨日「描き初め」をして、
年末から頭の中でふわふわと考えていた醍醐の某案件を形にしてみるところから仕事をスタートしました。

昨年から続いている現場が山場を迎えていたり、
兵庫の住宅の実施設計をまとめきる段階がきていたり、
昨年中に見積もりに出した町家改修案件の見積もりが出てきたりと、
正月ボケをしているヒマはなさそうです。
[PR]

by okuno88 | 2016-01-04 08:59 | お知らせ