奥野八十八の建築と意見

okuno88.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 18日

竣工@学林町の町家①

すっかりサボりっぱなしになってしまってましたが、久しぶりに更新します。

先だって「学林町の町家」が無事竣工し、引き渡しをさせてもらいました。
計画がスタートして約2年半。
この町家は年明けから1棟貸しの旅館として使用され、10年後に所有者の手元に返り、再び住まいとして使われる予定です。
目下、旅館業の営業許可申請中。

ではまず1階から。

e0317421_12570774.jpg
外観はこんな感じです。
改修前の写真はまた今度。

e0317421_12570575.jpg
玄関土間。
元の「店の間」は四畳半あったのですが、それを三畳にして土間を広げました。
床の間に飾られている鬼瓦は、元々この町家の隣になっていた仏具店の鬼瓦。
立派。

e0317421_12570516.jpg
「店の間」「中の間」「奥の間」と3室続きで、一番奥に小さな庭があります。
琵琶床の天板は隣家にあったお茶室から移設しました。

e0317421_12570535.jpg
中の間。
箱階段も今回新たに設置しました。

e0317421_12570637.jpg
中の間のキッチン奥に水廻りを設けています。
水廻りだけ、ガラッと雰囲気を変えてみました。
e0317421_12570683.jpg
モノトーン。
上部に設けた明かり取りごしに、火袋の吹き抜け上部からの自然光がぼんやりと入ってきます。

e0317421_12570691.jpg
火袋上部に掛けた旧仏具店の看板。
ケヤキでできています。
ざっと重量を計算してみたところ、約200kgくらいはありそうです。
職人さん5人がかりで設置してもらいました。

e0317421_12570436.jpg
奥の間。
改修前は簡素な置床が置いてあるだけで、きちんとした床の間がなかったので、新たにしつらえました。
テレビも一応置く予定ですが、襖で隠してしまいます。
床前の板の間はケヤキで、隣家解体時に取り置きしたものを削り直して使っています。
庭はいつもお願いしている庭師の高橋さんに作ってもらいました。

ブログの仕様が知らないうちに変わっていて、写真が10枚までしか入れられないので、2階は次の投稿にて。
(たぶん、なにかうまくやれば10枚以上でも入るんやろなあ、、。)





[PR]

by okuno88 | 2017-12-18 13:16 | お知らせ


<< 竣工@学林町の町家②      近況。 >>