奥野八十八の建築と意見

okuno88.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 27日

北欧旅行(デンマーク編)

今年は2年ぶりに海外に行ってきたのでした。
行き先は学生の時から行きたかったデンマーク、スウェーデン、フィンランドの北欧3ヶ国。
北欧は物価がかなり高くて、バックパックで貧乏旅行が常だった僕にはちょっとハードルが高かったのですが、意を決して!
どうでもいいことですが、荷物は結局バックパックに詰めていくことに・・・。

見てきたものの中で特に印象に残ったものを簡単にご紹介していきます。

・ルイジアナ美術館
最も素晴らしい美術館の一つ、とは学生の時から聞いていたのですが、図面や写真を見てもいまひとつ良く分からずにいました。
行ってみて納得。
素晴らしい。
カフェのビールうまい度:☆☆☆☆☆

e0317421_18273522.jpg

e0317421_1828540.jpg


・コペンハーゲンの中央駅
この駅に限らず、駅舎がとても綺麗でした。
「駅ナカ」の商売度:☆☆☆

e0317421_18282653.jpg


・バウスヴェア教会
シドニーのオペラハウスで有名なヨーン・ウッツォンによる教会。
外観のボリューム感とそっけなさに驚きました。
内部の光の状態だけを考えて作った形にそのまま屋根と壁をつけた感じ、と言ったらいいでしょうか。
行ったことないですけど、シドニーの内部はどうなんでしょうか。
あれはまったく逆の発想のような気がしますが・・・。
外観サティアン度:☆☆

e0317421_1831444.jpg

e0317421_18321042.jpg


・ムンケゴー小学校
巨匠ヤコブセンによる小学校。
一つの教室に対して一つの中庭がセットになるというシステマティックな構成がストレートに現れていて、とても好感が持てました。
夏休み中で先生もお休みで、教室の中までは入れてもらえなかったのが残念。
休み明けまで待てない度:☆☆☆

e0317421_18322369.jpg


・デンマーク王立図書館
「ブラック・ダイヤモンド」と呼ばれているらしい新館も悪くはなかったですが、クラシックな旧館の威厳には力及ばず。
外周の控え壁部分は付け柱にせずに、あっさりと白く塗りこめてしまっているのが効いているのではないかな。
裏側にひっそりとあるリベスキン度:☆☆

e0317421_18324479.jpg

e0317421_1838354.jpg


・フィン・ユール自邸
当たり前といえばそうなのですが、家具は全てフィン・ユール作、というなんともうらやましい家。
玄関ホールと兼用のサブリビング的なスペースが動線上の要にもなっていて、とても心地良いスペースです。
あのイス欲しい・・・。
物欲刺激度:☆☆☆☆☆

e0317421_18331833.jpg


・聖ペトリ教会
シーグルド・レヴェレンツによる教会。
これは凄い。
いやー、電車とバスを乗り継いで行った甲斐がありました。
今回のベストかも。
FIXガラスディテールの乱暴度:☆☆☆☆

e0317421_18333813.jpg

e0317421_18334737.jpg

e0317421_18382012.jpg

[PR]

by okuno88 | 2013-12-27 18:40 | 街歩き


<< 天井仕上げ      床柱の選定 >>