奥野八十八の建築と意見

okuno88.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 30日

鶴見の家Ⅱ、配筋検査

「鶴見の家Ⅱ」の基礎配筋検査。
構造家のモンド博士も同行。

e0317421_1344927.jpg


隣の「鶴見の家Ⅰ」の足場から写真を1枚。
今回はこんな感じで、普段は見れない角度から見下ろすことができます。
だからなんやねん、っていう話ですけど。

実際には遠目に見ていても仕方ありませんので、構造図を片手に鉄筋のピッチや径、設備配管が通る箇所の開口補強などをスケールを当てて実測しながら確認していきます。
[PR]

by okuno88 | 2013-10-30 16:00 | 現場メモ


<< 上棟      銘木材の選定 >>