奥野八十八の建築と意見

okuno88.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 05日

解体~配筋検査

ようやく着工した「花園の家」の現場。

まずは解体工事から。
骨組みを痛めないようにすべて人力で丁寧に解体していくので、時間と手間がかかります。
猛暑が続く中、連日作業をしてくれた職人さんたちには頭が下がります。

e0317421_9522587.jpg


設計中にも可能な限りの調査はしていたのですが、すべてを確認できるわけではありません。
骨組みがすべて露わになった状態で、あらためて構造体の確認と補強計画の再検討をします。

その後、工事は基礎工事へ。
既存の基礎は無筋の布基礎だったので、地盤調査をした上で、しっかりとした基礎を作り直しています。

e0317421_9562437.jpg


既存の構造体がどこまで信頼できるものか、見極めが重要です。
[PR]

by okuno88 | 2013-09-05 10:01 | 現場メモ


<< 着工。      着工 >>