奥野八十八の建築と意見

okuno88.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 25日

構造調査

「鶴見の家Ⅰ」の構造調査を行いました。
耐震補強なども含めた改修を行う場合には、事前に現状の構造躯体を調査をして、状態を正確に把握することがとても重要だと考えています。

屋根裏、天井裏、床下に潜り込み、どういう部材がどこに入っているか、接合部はどうなっているか、痛んではいないか、といったことを調査するのですが、狭くて暗い中で変な姿勢を保ちながら実測したりするので、結構大変です。

今回は想定していたよりも各部の状態が健全で一安心。
屋根裏には上棟時の「御幣」が置いてありました。
30年くらい前のものだと聞いているのですが、意外ときれいなままです。

e0317421_1137448.jpg


実測したメモを元に構造図を作成し、これから行う実施設計の中で補強計画を詰めていくことになります。
[PR]

by okuno88 | 2013-02-25 11:29 | 現場メモ


<< 花園の家      スタディ模型 >>