奥野八十八の建築と意見

okuno88.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 04日

ステッドラー

電車で移動するときは本を読むか、図面を見るか、そのいずれかから眠りに落ちてしまっているか、だいたいそんなところです。

先日も打合せに向う際に本を読んでいたのですが、ふと顔をあげると、塾へ向う途中と思しき小学生の集団も学校帰りの中高生も、就活中らしき大学生も、会社帰りのおじさんたちも、みんな携帯電話(もちろん例のスマフォ、というやつです)をいじっていて、赤鉛筆片手に本を読んでいた僕には少し衝撃的な光景でした。

という話を岳父にしたところ、「赤鉛筆って!」とのご指摘。
そ、そうですか、そこですか。
赤鉛筆って言ったっていわゆる赤鉛筆じゃないんです。
「ステッドラーの芯ホルダー」ですよ、あなた。

はい。
そういう問題じゃないのは分かってますってば。

とはいえこの芯ホルダー、結構気に入って使ってます。
ちなみに、ぱっと見てわかるように黒はユニのホルダーという使い分け。

e0317421_1523427.jpg

[PR]

by okuno88 | 2013-02-04 15:24 | 思いつき


<< スタディ模型      構造家と打合せ >>