奥野八十八の建築と意見

okuno88.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 08日

現地調査

今日は年明けからスタートしたばかりの「(仮称)鶴見の家1」の現地調査へ。
リノベーションの計画なので、現状の使われ方などをヒアリングしつつ、各部を実測調査してきました。

実測野帖を元に現況図を描き起こしてみると、現地で「ん?」と首をひねるような不合理な箇所の背後にどういった要因があったのかが見えてきたりして、この作業そのものに推理小説を読むような面白さがあります。
とはいえ不合理なものは不合理なわけで、そのあたりも含めてばっちり解決するべく、これから計画を進めていきます。

この実測図作成、一発で完璧なものに到達するというのは到底不可能で、設計と並行して現地の状況と図面を何度もつき合わせながら、徐々に精度を高めていきます。
そうやって建物の素性、来歴を正確に読み解いていくことが、設計の完成度を左右する大事な鍵の一つとなります。
[PR]

by okuno88 | 2013-01-08 20:10 | ただいま設計中


<< 3、11、61      中京のアトリエ/ギャラリー >>