奥野八十八の建築と意見

okuno88.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 21日

勧修寺のテラスハウス

山科・勧修寺で、テラスハウス改修の現場が進行中。

40年ほど前に京都市の住宅供給公社によって建設された4戸1や5戸1の連棟型の住宅で、
壁はPC(プレキャスト・コンクリート)、床は現場打ちのコンクリートです。

この手のテラスハウスにはよくあるのですが、長年に渡って皆さん結構自由に増築されたりしている模様。
この現場もそうなんですが、半ば場当たり的に増築を繰り返した結果、動線はむちゃくちゃになり、
庭を食いつぶした結果、光や風が入る隙間がなくなってしまっていました。

それらを「減築」しながら機能、動線を整理し直して、再び快適な住まいにしようというのが今回の計画です。

e0317421_20113771.jpg


写真はその内部の様子。
元の構造と増築部分の構造がわりとラフに接合されてます。
PC版はさすがにかなりきれいでした。

今日のところはこのへんで。
[PR]

by okuno88 | 2013-01-21 20:15 | 現場メモ


<< 英語よ・・・      3、11、61 >>